スポンサーサイト

-- --, -- | Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Magneto-Testament #5

09 16, 2010 | Posted in Magneto-Testament

0 Comments



005_000.jpg
 
----------------------------------------------------------
Write: Greg Pak
Art   : Carmine Di Giandomenico
Color: Matt Holligsworth
---------------------------------------------------------- 
See part 1
See part 2
See part 3
See Part 4
----------------------------------------------------------

 初恋の少女マグダと再会したことで、マックスは生きる目的を取り戻した。しかし、その間にも収容所の外では戦局が進み、追いつめられていくドイツ軍は、被収容者の「処理」を加速させていた。

 マックスたちゾンダーコマンドは、密かに外のレジスタンスと連絡しあい収容所内で蜂起する計画を練っていた。計画では八月。だが、マックスにとって、それでは手遅れになる。何故なら、マグダのいるジプシー収容所が七月末に閉鎖されていまうのだ。それは、すなわち彼女の死を意味する。

 マックスは、死体から抜き取った金歯を賄賂にして、マグダを別の収容所に移す算段を付ける。

 蜂起の実行が遅れるままになっていた十月。今月中にはマックスたちも含め全員が殺されるだろう。

005_012.jpg 
マックス 「ふっ。水晶の夜の時、俺の父親は戦おうとした。だが、そうしたら家族全員が殺されていたかもしれなかった。
ゲットーでは、俺は人殺しのナチの腸(はらわた)を裂いてやることもできた。だが、そうしたら何百人ものユダヤ人が報復で殺されただろう。
二カ月前には、ハオプト・シャール・フューラーを墓穴に突き落してやることもできだ。だが、そうしていたら労働班全員が殺されていただろう。
そうやって皆を守るために、俺は何もしなかった。それでどうなった?どっちにしろ奴らはみんな殺したのさ」


 
 更に、マックスは別の収容所に移送されていたジプシーたちの生き残りが戻されてきたことを知る。急いで死体置き場に向かうマックスが見たものは、死体運搬車の中に半死の状態で横たわるマグダの姿だった。

005_015.jpg 

 マックスは、マグダをゾンダーコマンドの宿舎に運び匿うが、警備兵に見つかることを恐れた仲間は彼女を引き渡すよう彼に迫る。

マックス 「警備兵共を殺してやる」

ゾンダーコマンド1 「今朝、親衛隊が女1000人をガス室で殺す間、お前は普段通りにそこにいた。なのに今、この娘ひとりの為に仲間達を……」

カポ 「黙れ。親衛隊が第四焼却所の連中を中庭に並ばせている。どうやら殺すのを早めたようだな……。
だが、まだ反乱の合図が出ない。反乱を指揮する筈の阿呆はあれを見ながら、何人を犠牲にして残りを助けるか決めようとしている。今の、この俺のように。
俺達はみんな、正しい答えを知っている。そもそも、最初から彼女を見殺しにすべきだったと、マックスにも分かっている。だが、それが何だ?俺はもうこの問いにはうんざりだ。
俺達は”ノー”と言うんだ。そうだろ、マックス?ここにきて、ついに俺達は言うんだ-----」

 その時、轟音とともに第四焼却所が爆破され、炎が噴き上がる。ついに蜂起が始まったのだ。
 マックスたち第二焼却所のゾンダーコマンドも武器を手に外に飛び出した。マックスはマグダを抱えて走る。そして……。

005_019.jpg 

1948年9月
 アウシュビッツ=ビルケナウ収容所跡。一人の男の姿がある。彼は崩壊した焼却所の床に埋められていた缶を掘り出し、その中から手紙を取り出す。

私の名前はマックス・アイゼンハート。
この手紙を見つけたあなたへ、申し訳ない。
私はもう死んでいる……だから、
あなたに託す。
耳を傾ける人に話してれ。
耳を傾けない人にも話しくれ。
どうか。
このようなことが二度と起こらぬように。

The End

 翻訳は原書をお持ちの方、または電子書籍サイト等で閲覧できる方にのみご覧いただけるようパスワードをかけています。
ユーザー名 magneto5
パスワード 「Magneto Testament #05」本編 最終頁、マックスの最後の台詞5文字を全て半角小文字で。
(ピリオド等の記号は含みません)。

翻訳


------------------------------------------------------
「Magneto Testament」はMarvel Unlimitedで配信されています(2015年12月現在)。
TPBは同名にて全話収録で発刊されています。

スポンサーサイト

Magneto Testament #4

09 10, 2010 | Posted in Magneto-Testament

0 Comments
 

004_000.jpg 
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------
X-Menのヴィランであり、時に友でもあるマグニートーのオリジン。
彼が自身の強大なミュータント・パワーに気付く以前の、
マックス・アイゼンハートと呼ばれていた幼少期から青年期の物語である。

 ナチスの一斉掃射をただ一人だけ生き残ったマックスだったが、逃亡の末、ついに捕縛され強制収容所行きの貨車に乗せられていた。

004_001.jpg 

 そして、1942年9月、アウシュビッツに到着する。

 貨車から収容所に降り立ったユダヤ人たちをまず待っていたのは“選別”だった。労働に耐えうる者は右の列へ、そうでないと判断された者は左の列へ……ガス室へと送られるのである。

004_002.jpg 


 マックスは、そこで先に収容されていた恩師カルブに再会し、「18歳と言え」と助言をもらい選別を生き残る。だが、収容所でマックスを待ち構えていたのは、飢餓と暴力と、そして死だった。

隊員 「ここに16歳以下の少年はいるか? 怖がることはない。手違いがあった。少年はここにいてはいけない。前に進み出なさい。学校に送り届けよう。君達の先生はハウプトマン婦人だ。さあ、先生が寄宿舎で待っているぞ」

マックス 「だめだ」(名乗り出ようとする少年の腕を掴んで止める)

少年 「離してよ!」

マックス 「だめだ、分からないのか……」

隊員 「よし、こっちに来い」

マックス 「彼は18歳です!」(少年を渡すまいと追いすがる)

少年 「違う、僕は14歳だ!」

マックス 「いいえ、彼は……っ!」

少年 「僕は学校に行きたいんです……」

004_007.jpg 

(バラックの扉が閉められる。うなだれるマックス。暫くして、外から銃声が聞こえてくる。ハッとして顔を上げるマックスだったが、彼にできることは何もない) 
 

 マックスは被収容者の死体を焼却するゾンダーコマンドに配属される。

 マックスが収容されてから二年、彼を気にかけ、何とか守ろうとしたカルブも亡くなった。恩師の遺体を自らの手で焼却した後、マックスはついに死に屈服する。遺言を書き付けた手紙を焼却室の床に埋め、高圧電流の通った鉄条網に身を投げようとしていた……

私の名前はマックス・アイゼンハート。
ゾンダーコマンドとしてアウシュビッツで2年近くを過ごした。

何千という男が、女が、子供が死へ向かうのを見た。

私は彼らの遺体をガス室から運び出し、
歯を抜き、金歯をドイツ人達に渡した。

そして遺体を焼却炉に運ぶ。
そこで、子供と老人の遺体をどのように混ぜれば
良く燃えるかを学んだ。

私のこの目で、
少なくとも25万人の死体を見てきた。

……そして一人として救えなかった……
彼らが私を救ってくれた以上には。

 その時、奇跡が起こる。

マグダ 「マックス?」  マックス 「マグダ」

004_022.jpg 

 翻訳は原書をお持ちの方、または電子書籍サイト等で閲覧できる方にのみご覧いただけるようパスワードをかけています。

ユーザー名 magneto4
パスワード 「Magneto Testament #04」本編 最終頁、マックスの最後の台詞5文字を全て半角小文字で。
(ピリオド等の記号は含みません)。

翻訳

Part 5の紹介はこちら

------------------------------------------------------
「Magneto Testament」はMarvel Unlimitedで配信されています(2015年12月現在)。
TPBは同名にて全話収録で発刊されています。

Magneto Testament #3

09 09, 2010 | Posted in Magneto-Testament

0 Comments

003_000.jpg
 
----------------------------------------------------------
Write: Greg Pak
Art   : Carmine Di Giandomenico
Color: Matt Holligsworth
----------------------------------------------------------
See part 1
See part 2
----------------------------------------------------------

X-Menのヴィランであり、時に友でもあるマグニートーのオリジン。
彼が自身の強大なミュータント・パワーに気付く以前の、
マックス・アイゼンハートと呼ばれていた幼少期から青年期の物語である。


003_004.jpg 

 放浪の末、アイゼンハート一家はワルシャワのユダヤ人ゲットーに辿りつく。しかし、そこは食料も燃料も無いに等しく、迫りくる死を待つだけの檻に過ぎなかった。
 マックスが持ち前の賢さと行動力を発揮してゲットーの壁の穴をすり抜け食料を調達してくることで、一家はようやく生きながらえていた。

 過酷な環境の中でも、家族や他人に対してさえ思いやりを捨てないマックスだったが、彼が助けようとした少年がゲットーの警官に無残に射殺されるのを見て、初めて他人に対して殺意を抱く。それを止めたのは、叔父のエーリッヒだった。

003_010.jpg 

マックス 「僕はやれた」

エーリッヒ 「ペンナイフでか? よせよ。だが、もしお前がやっていたら、報復として100人以上のユダヤ人が虐殺されただろう。1939年にポーランド警官が殺さた後、罪のない153人が路上で射殺されたようにな。もし、そうなれば、お前も良心が咎めるぞ?」

マックス 「じゃあ、奴らの好きにさせておくの?」

エーリッヒ 「マックス……俺達には奴らを罰することはできない……。だが、奴らを打ち倒すことはできるさ……生きていさえいれば、いつかは。今は慎重にしていろ」

 その頃、ユダヤ人たちを移送する貨車がワルシャワのゲットーに到着し始める。労働キャンプへ行くだけだというナチスの甘言に騙されて貨車に乗り込む人々もいたが、マックスとエーリッヒにはそれが死へ向かう貨車だと分かっていた。

 このままでは全滅を待つまでだ。アイゼンハート一家は、ゲットーからの脱出を決意する。一方、エーリッヒはレジスタンスとして残り、ワルシャワ・ゲットーの蜂起に身を捧げると告げる。

003_017.jpg  

 夜闇に紛れて森の中を逃げる一家。しかし、それは罠だった。ナチスの銃口が一家に向けられ……そして……。

人生のどこかの時点で……お前にもその瞬間が訪れる。
全ての条件が揃い、何もかもが可能になる瞬間が。
そう、突然に……事を起こせる瞬間がだ。
その時が来たら、神が私達をお守りくださるだろう。
もしその時を逃しても、神は私達をお許しくださる。
マックス、お前はわしの大切な息子だ……

003_020.jpg 

 翻訳は原書をお持ちの方、または電子書籍サイト等で閲覧できる方にのみご覧いただけるようパスワードをかけています。

ユーザー名 magneto3
パスワード 「Magneto Testament #03」本編 21ページ目(表紙除く)ヤコブの最後のモノローグからラストの単語6文字を全て半角小文字で。
(ピリオド等の記号は含みません)。

翻訳

Part 4の紹介はこちら

------------------------------------------------------
「Magneto Testament」はMarvel Unlimitedで配信されています(2015年12月現在)。
TPBは同名にて全話収録で発刊されています。



Magneto Testament #2

08 14, 2010 | Posted in Magneto-Testament

0 Comments

002_000.jpg 
----------------------------------------------------------
Write: Greg Pak
Art   : Carmine Di Giandomenico
Color: Matt Holligsworth
----------------------------------------------------------
See part 1 

X-Menのヴィランであり、時に友でもあるマグニートーのオリジン。
彼が自身の強大なミュータント・パワーに気付く以前の、
マックス・アイゼンハートと呼ばれていた幼少期から青年期の物語である。


 ユダヤ人であるために学校を追放されたマックス。同じくユダヤ人であった恩師カルブもゲシュタボに逮捕されてしまう。退役軍人であった父ヤコブは、かつて戦場で命を救った上官に嘆願に向かうが、それも虚しくはねのけられる。

002_007.jpg 

 同時期、マックスの初恋の少女、ジプシー(ロマ民族)のマグダは、既にナチスにより強制キャンプに移住させられていた。

002_009.jpg 

 日増しに窮乏に陥っていくアイゼンハート一家は、「水晶の夜」事件をきっかけにベルリンを脱出する。

002_016.jpg  

 迫害を逃れながら、まだ同胞が多くいるという隣国ポーランドへと旅を続ける。しかし、その道中でついに第二次世界大戦が勃発する。
  

 翻訳は原書をお持ちの方、または電子書籍サイト等で閲覧できる方にのみご覧いただけるようパスワードをかけています。

ユーザー名 magneto2
パスワード 「Magneto Testament #02」本編 最終ページ、マックスのモノローグより最後の単語5文字を全て半角小文字で。
(ピリオド等の記号は含みません)。

翻訳

Part 3の紹介はこちら
------------------------------------------------------
「Magneto Testament」はMarvel Unlimitedで配信されています(2015年12月現在)。
TPBは同名にて全話収録で発刊されています。

Magneto-Testament #1

08 11, 2010 | Posted in Magneto-Testament

0 Comments

01_000.jpg

----------------------------------------------------------
Write: Greg Pak
Art : Carmine Di Giandomenico
Color: Matt Holligsworth
----------------------------------------------------------
Characters:
max.jpg
Max Eisenhardt マックス・アイゼンハート=ユダヤ系ドイツ人の少年。

jakob.jpg
Jakob ヤコブ=マックスの父、元役人。

erich.jpg
Erich エーリッヒ=マックスの叔父、貴金属の細工職人。

magda.jpg
Magda マグダ=マックスが通っていた学校の掃除婦の娘で、ジプシー(ロマ民族)の少女。

kalb.jpg
Fritz Kalb フリッツ・カルブ=マックスが通っていた学校の教師。

Ruthie ルーシー=マックスの妹。
--------------------------------------------------------------------------------

X-Menのヴィランであり、時に友でもあるマグニートーのオリジン。
彼が自身の強大なミュータント・パワーに気付く以前の、
マックス・アイゼンハートと呼ばれていた幼少期から青年期の物語である。

001_002.jpg 

 ドイツ、ベルリン。少年マックス・アイゼンハートは、愛情に溢れる家族と平穏に暮らしていく筈だった。
 しかし、時は第二次世界大戦前夜。ヒトラー率いるナチス党の権力は日増しに強くなり、ユダヤ人であるアイゼンハート一家に暗い影を落としていく。
 賢く勇敢な心を胸に秘めたマックスにも、過酷な時代の足音が否応なく近付いてくるのであった。

001_011.jpg 

マックス……君は特別だ。生まれつきの才能がある。
計り知れない将来が待っているだろう。
だが、もっと気をつけなければ……。
出る杭は……打たれるのものだ……。


 これまでにコミックスの中で語られてきた「マグニートー」の設定と史実とが絶妙に織り交ぜられた物語です。全編を通して難しい題材に正面から挑んだライターとアーティストの不屈の努力と誠実さとが窺えます。

 この物語で語られたマグニートーのオリジンは完璧と言っていいでしょう。彼のオリジンを描くにあたって、今後これ以上の作品が登場することは、正直難しいだろうときっぱりと断言できる程です。

 それと同時に、アメリカンコミックスのキャラクターのオリジンという枠を超え、ぜひ誰にでも読んで欲しいと思える名作コミックスです。

翻訳は原書をお持ちの方、または電子書籍サイト等で閲覧できる方のみご覧いただけるようパスワードをかけています。

ユーザー名 magneto1
パスワード 「Magneto Testament #01」本編 最終頁のカルプのモノローグより最後の単語4文字を半角小文字で。
(ピリオド等の記号は含みません)。

翻訳

Part 2の紹介はこちら

------------------------------------------------------
「Magneto Testament」はMarvel Unlimitedで配信されています(2015年12月現在)。
TPBは同名にて全話収録で発刊されています。


検索フォーム
プロフィール

Scholarly Room

Author:Scholarly Room

スカーラリー・ルーム
お問い合わせ
Marvel Comicsの紹介ブログです。
趣味で運営しています。



[管理画面]

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
    
RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。