スポンサーサイト

-- --, -- | Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Death of Wolverine: Deadpool & Captain America (2014)

10 12, 2015 | Posted in Deadpool & Captain America

0 Comments


IMG_3097.jpg
 
Death of Wolverine:
Deadpool & Captain America (2014)

Published: October 29, 2014
Written by Gerry Duggan
Art by Scott Kolins


 ウルヴァリンが死んだ。元キャプテン・アメリカことスティーヴ・ロジャーズはデッドプールを呼び出し、彼の遺品整理をさせる。ウルヴァリンの使っていたトイレの徹底洗浄から日用品の焼却まで、彼のDNAが付着していると思われるものは何一つ残せない。

IMG_3114.jpg 
「このコスチュームで色々と怖ろしいことをしたけど、ウルヴァリンの“玉座”の掃除ほどウェっとくるものはないよ。毛と毛が絡み合ってる」

 というのも、ウルヴァリンのヒーリングファクターを考えれば、残されたDNAから彼を“再生”させることが可能かもしれないのだ。事実、テロ組織のA.I.Mはウルヴァリンの血が付着した古いナイフを入手し、それを実行しようとしていた。

 そこで何故、アヴェンジャーズの手でウルヴァリンを再生しないのかと、あえて問うデッドプールにスティーヴが答える。

「1920年生まれの男がこんなことを言うのは偽善的かもしれない。
 しかし、私は自然の摂理に抗う人生を送ってきた。ナチスにしろ、ハイドラにしろ、彼らは一様に命を自らの手でコントロールできるものとしてと考えている。
 私自身の人生の終わりにさしかかった今、彼らと同じ誘惑には屈したくないのだ」


 その昔、キャプテン・アメリカとしてウルヴァリンと初めて出会った時、つまり初めて戦った時に、スティーヴは彼に向って
「アヴェンジャーズなら、お前など決してチームには迎え入れないぞ!」
 と言い放った。これからは、その言葉に心を脅かされるだろうと、スティーヴは告白する。
IMG_3112.jpg 

デッドプールは言う。
「あんたたち二人とも認めないだろうけど、最初の戦いってのは愛だ」
「あんたがウルヴァリンにアヴェンジャーズの身分証を与えた時
 ----俺たちクズはみんなジョークにするが----
 本当のところ、希望をもらったのさ。これで惨めな人生を変えられるってな」


 デッドプールにもウルヴァリンとの思い出があった。自己叱責と贖罪、その違いを教えてくれたのが彼だった。

IMG_3113.jpg 
「何年もの不必要な苦悩からお前を救いたい。自分自身を許すんだ」

 スティーヴとデッドプールは、それぞれの思いを共有しつつ、ウルヴァリンのDNAを奪回するため、二人だけでロシアにあるA.I.Mのアジトへと潜入する。

 最後に、デッドプールはスティーヴからある物を託される。……そして、意外な決断を下す。


(↓ネタバレ反転↓)
「キャプテン・アメリカが俺にこのナイフをくれたのは、俺がローガンを再生させると思ったからだろうか。
 いや、それは彼のスタイルじゃない。ロジャーズは俺が正しいことをすると信じたからだ」


 デッドプールは、ナイフからこそげ落としたローガンのDNAを培養機へと入れる。

「ただ、俺には何が正しいのか分からない。
 俺はローガンが望むことをしている?それとも、俺自身が望むことを?
 これは、俺たちがされた暴力の連鎖を続けることになるのか?
 俺は友を助けているのか、あるいは、友を苦しめる張本人となってしまうのか?
 暫くの間、ここに座ってよく考えなければ」


 スティーヴの信頼に逆行する行為だと感じながらも、さらには、かつて自分たちがされた怖ろしい実験と同じことになるのでは危惧しながらも、デッドプールは決断を下し、それを実行に移した。この行為が、将来どのように返ってくるのかも分からないまま----。

 全体的には、和気あいあいと作戦を実行するスティーヴ翁とデッドプールが何だか非常に可愛らしかったです。というか、スティーヴはお爺ちゃんなのに凄いな!超人血清がなくても全く元気です。
スポンサーサイト

« Avenging Spider-Man #06 Hawkeye vs Deadpool »

- Comments
0 Comments
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム
プロフィール

Scholarly Room

Author:Scholarly Room

スカーラリー・ルーム
お問い合わせ
Marvel Comicsの紹介ブログです。
趣味で運営しています。



[管理画面]

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
    
RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。